漫画映画论

编辑:困顿网互动百科 时间:2019-11-18 10:29:56
编辑 锁定
《漫画映画论》是2005年徳间书店出版社出版的图书,作者是今村太平。
作    者
今村太平
ISBN
9784198621001
页    数
270
定    价
2,310
出版社
徳間書店
出版时间
2005-11-30
装    帧
B6判

漫画映画论内容介绍

编辑
名著の复刻。
1941年、长编アニメーションを见られなかった时代に映画作品としてアニメーションを积极的に评価し、いずれ映画の主流を担うと予感した映画评论家・今村太平。
その独创に満ちた代表作。

漫画映画论作者介绍

编辑
今村太平[イマムラタイヘイ]
1911年、埼玉県生まれ。父の病死により中学中退後、働きながら映画评论を独学。『キネマ旬报』への投稿で认められ、自身も映画评论志を出すなど映画评论家の道へ。戦前から戦後にかけて独自の理论を拓いた。1986年没(本データはこの书籍が刊行された当时に掲载されていたものです)

漫画映画论作品目录

编辑
MOVING CARTOON
  漫画映画の音楽
  漫画映画と絵画
  漫画映画とアメリカニズム
  日本芸术と漫画
  ウォルト・ディズニー小伝
  ディズニーの半抽象映画―『プカドン交响楽』について
  ウォルト・ディズニー论
  日本の漫画映画―『白蛇伝』を见て
  映画と絵巻―一つの反省
  映画と絵の结合
  美术の映画
  アメリカ漫画と日本漫画―漫画の社会学
[1] 
参考资料
词条标签:
漫画书籍 出版物 书籍